熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

税務書類作成業務

税務書類作成業務


税務申告の準備は、決算日よりも前から開始する必要があります。そうしないと有効な節税を行うことはできません。

ですから、決算書の準備段階で、適用可能な税制の選択をし、また同時に実施すべき取引と実施すべきではない取引を的確に選別して決算書をまとめていく必要があります。

決算日よりも前に損益予測シミュレーションや決算事前検討を行うことによって、適切な税務申告の準備を始めることができます。

私たちは、月次決算を通じて、会社にとってより望ましい税務申告準備も同時に行っています。
このように、私たちは、決算確定と納税準備というお客様の経営における重大な事務作業を早期に効率的に行うことで、余裕のある決算業務を行うことでゆとりある経営のサポートを提供しています。

決算が確定したら、必要になるのが税務署に提出する確定申告書です。
法人税の確定申告書は非常に複雑なものです。
特に利益が発生している年度や複雑な節税対策を行った年度の確定申告書は慎重に作成しなければなりません。

税理士の本業は、これらの計算を正確に行うこと、納税者に有利になるように税務処理を選択していくことです。

私たちは、申告後に修正申告が発生しないよう細心の注意をして正確な確定申告書を作成いたします。

会社の節税対策の中には、各種の特別償却などの優遇税制の活用があります。
これらの税制を適用するためには、取引実行前からの適切なコミュニケーションを図り、決算時に特殊な別表の作成や法定の書類を添付する必要があります。

会社が普段慣れない節税対策を行う場合でも安心して事務処理をお任せください。

上場準備会社や上場会社子会社には、監査法人から複雑な会計処理が求められ、監査に対応できる決算内容と税務申告の準備も必要となります。
また、決算確定時期も非上場会社に比べるとなかり早くしなければなりません。

私たちには、監査法人勤務経験のある公認会計士もおり、上場準備会社や上場会社子会社の監査に対応できる経理事務のご相談にも対応ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tsuchida-cpa.jp.


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional