熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

記帳内容検証業務

記帳内容検証業務について


「よりタイムリーに会社の業績を把握したい。」

すべての経営者がこのように考えていることでしょう。

よりスピーディーに業績を把握し、軌道修正を行うことは非常に大切なことです。帳簿作成そのものをアウトソーシングしている場合、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。

  • より活きた経営情報をタイムリーに把握したい
  • よりスピーディーな経営に活かしたい

という会社は、社内で帳簿作成を進めていくことがお勧めです。

当事務所ではこのようなニーズを積極的に支援します。

確かに、勘定科目や消費税の課税区分処理が多少間違っていても大雑把な数字は把握できます。経営判断のための試算表速報としてはそれで十分です。

しかし、いざ決算となると細かな部分での正確性が必要となります。

また、月次決算の進捗状況を税務的視点経営財務的視点であわせて確認しておくことも大切な経営管理です。

そうした間違いのない細かい数字の管理には経理の専門知識が必要です。

そこで、私たちはお客様が作成されている帳簿を定期的に検証するアウトソーシングを引き受けております。

記帳内容サポートのメリット

専門家が定期的な検証を行うことで、お客様は

  • 信頼性の高い財務情報として試算表を安心して利用できる
  • 利益予測や決算対策を早期に行なえるようになる
  • 必ずしも経理・税務の専門知識が十分にある従業員を雇わなくて済む
  • 税務上のポイントを見逃すことなく確実な処理を行える
  • 最新の税制改正とその対応の要否を早期に判断できる

というメリットを確保することができるようになります。

経理部門の人材・体制がまだ充実していないお客様を外部の経理チェック機能として支えるサポート業務のほかに、会社の状態・段階に応じて、お客様が会社の経理を自主的に運営管理していくための移行サポートも行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tsuchida-cpa.jp.


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional