熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

起業支援業務

起業支援業務

起業とは

一口に「起業」といっても、実際には経営上や会計・税務上の判断と実務処理が必要となります。

たとえば、

  • 資本金はいくらにするのがよいか?
  • 決算期は何月がよいのか?
  • 役員構成株主構成はどうするのがよいのか?
  • 運転資金はいくら借りられるのか?
  • 会計・税務処理はどうするのか?

あなたの起業プランの個別事情に応じた判断すべき項目を調べるだけでも大変な時間と労力が必要になるでしょう。

起業時における経営者の最初の仕事は、そうした実務ポイントについてたくさんの具体的な判断を積み重ねていくことなのです。

起業支援とは

私たち専門家は、起業に関する専門知識の中から、あなたの判断が必要な事項をピックアップし、その意味や判断する上で考慮すべき事項をご説明することができます。

経営者は、起業の段階から、外部専門家のサービスを活用することで、効率的で正確な判断をすることができ、時間や金銭のロス起業時の判断ミスによるリスクを大幅にカットできます。

たとえば、資本金の額によって、消費税の課税関係が変わってしまいます。これを適切に判断するためには消費税の仕組みを理解するとともに、損益・投資予測をどのように行うかという見通しも立てなければなりません。

こうした事項を一緒に解決していくことが私たちの起業支援です。

私たちは、経営者が判断すべき事項を必要なときに提示し、十分な判断材料をヒアリングし、ご提供することで、適時適切にご判断いただけるように心がけています。

起業支援サービスについて

私たちの起業支援サービスは、会社設立前から始まり、起業1年目の決算確定までサポートします。そして、第2期の足がかりとなる大切な第1期決算をどのように落とし込むのが、その会社の将来にとって有利に展開できるかを一緒に真剣に考えるのが私たちのサポートです。

くまもと森都心プラザのビジネス支援センターともネットワーク関係にあり、幅広いサポート体制をとっています。

ご興味のある方は、初回無料でご相談に応じていますので、一度お問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tsuchida-cpa.jp.


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional