熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

会計帳簿作成業務

会計帳簿作成業務について

創業期の経営者の方で、次のようなお悩み がありませんか?

  • 営業活動など主たる業務に集中したい
  • 経理の専門知識をもっている社員を雇用する余力がない
  • 銀行対応資料をつくったことがない
  • 専門知識を有する社員を雇用するほどの仕事量がない

これらはどの中小企業の創業期にも直面する経営課題のひとつだと思いますが、会社として会計帳簿の作成を省略することはできません。

それならば、思い切って帳簿作成を外部の税理士にアウトソーシングした方が、人件費を最小限にして、限られた経営資源を有効利用できます。

アウトソーシングについて

アウトソーシングというと気になるのが費用だと思います。

領収書の整理から帳簿作成までのフルアウトソーシングは、やはりそれなりの作業量ですので、それなりの料金になります。

そこで、私たちは、お客様の費用負担を最小限にする工夫をしています。私たちは、経理知識・経験の少ない人でも簡便に取り扱えるEXCEL出納帳等をご提供しています。

お客様は、私たちが提供するEXCEL出納帳等に日々の取引を入力し、データをお渡しするだけで会計帳簿を効率的に作成することができます。

経理経験の少ない方にとっては難しく感じられる借方と貸方の組み合わせである仕訳処理の知識は必要ありません。

お客様のメリット

お客様のメリットは

  • 会計ソフトを購入する必要がありません
  • 専門的な簿記の知識は不要です
  • 専門的な勘定科目の知識も不要です
  • EXCELとその基礎的な操作知識だけあれば運用できます

上記のように、外部の税理士を積極的に活用することで、社長は社長にしかできない仕事に集中できるようになります。それが、創業期の中小企業に会計・税務処理のアウトソーシングをお勧めする大きな理由です。

また、会社の事業基盤が順調に固まり、総務経理要員を雇用する段階になったら、社内での帳簿作成に移行していただくことができます。

※ 事業によってはEXCEL出納帳以外の売掛金や''買掛金などの管理資料も作成していただく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tsuchida-cpa.jp.


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional