熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

会計監査業務

会計監査業務


企業や団体の活動によって作成された財務諸表等の内容が適正であるかどうかをチェックします。当該組織と直接の利害関係のない第三者としての立場から、客観的な視点から監査業務を遂行します。公益法人や社会福祉法人、SPC等特殊な会計に対する監査においても対応しております。

法定監査

法定監査とは、法律によって監査を受けることを義務付けられている企業・団体に対する監査業務です。企業や公益法人等が作成する財務諸表や収支計算書等の内容が適正であるかどうかをチェックします。以下に記載する組織において、それぞれ法的に必要とされる財務諸表等の内容を確認し、監査報告書を作成します。

<対象会社例>
・会社法(大会社)
・上場会社の連結子会社
・学校法人
・公益法人(規模による)
・社会福祉法人(規模による)
・特定目的会社
など

任意監査

法律によって監査を受けることが義務付けられていないものの、その組織において必要であると判断された企業や団体の財務諸表や収支計算書が適性であるかをチェックします。任意監査は以下のようなケースが挙げられ、経営判断等の重要な材料として認識されています。

<被監査対象例>
・労働組合
・共済
・SPC
・マンション管理組合
など

最近、企業や組合などの不正が発覚し、第三者による会計監査が重要性を増してきております。
監査報酬といったコスト負担も少なくありませんが、リスク低減措置としてご検討の方は、ぜひお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 tsuchida-cpa.jp.


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional